広告内容・運用のガイドライン

公立の学校であり、子どもが一時的に広告入りの便りに触れることに配慮し、 協会がガイドラインに沿って広告主と広告内容を審査・運用します。
また、あらかじめ学校と保護者に告知します。

掲載を禁止する業種または事業者

  • 青少年保護育成にふさわしくないもの(例.たばこ、アルコール、ギャンブルなど)
  • 公序良俗に反するもの
  • 政治団体、選挙運動に関するもの
  • 宗教団体

※広告掲載に関するガイドラインより一部抜粋

禁止する表現

  • 学校が推奨しているかのような表現
  • 子どもに対して直接的に購買意欲を訴えるような表現
  • 子どもの劣等感や優越感を過度に利用する表現
  • 子どもが模倣する恐れのある危険な行為を含む表現
  • 学校からの配布物の書類としての品位や美観を損なう表現
  • ユーザの迷惑となるような表現
  • 性的な表現
  • 誹謗中傷となるもの、恐怖心をあおるもの

※広告掲載に関するガイドラインより一部抜粋

スクリレ参加企業の告知

  • 地域・掲載期間ごとの企業・団体を、広告掲載が始まる前に書面とアプリの両方で告知します
  • 協会のサイトに協賛会員として掲載します(広告掲出開始から広告掲出終了の1年後まで)

広告掲出を検討されている方、地域・期間・価格などにつきましては、「お問い合わせ」からご連絡願います。